第5回SOARSワークショップ

ワークショップ概要

2004年より毎年開催していましたSOARSサマースクールの名称を、2011年にSOARSワークショップと改め、これまで4回のSOARSワークショップを開催してまいりました。SOARSワークショップの内容は、社会シミュレーション言語SOARSの使い方を学ぶという内容を中心に、講演会・講習会・発表会の構成で行う予定でおります。皆様、周りの方をお誘いの上、ぜひご参加ください。特にエージェントベースのアプローチを利用して社会シミュレーションモデルを構築しようと考えている学部4年生や修士1年生、博士1年生の方、また企業で新しいサービスの展開を予定されている方のご参加をお待ちしております。 第5回SOARSワークショップは、2015年9月19日(土)〜21日(月)で開催します。SOARSワークショップには、毎年、多くの方に参加を頂いています(毎年40名〜50名)。理系、文系、学生、教員、社会人の制限を設けず、幅広い領域からの参加者を募集いたします。 なお、第5回SOARSワークショップは、東京工業大学 大学院総合理工学研究科 知能システム科学専攻の集中講義「SOARS社会シミュレーション演習」を兼ねております。あらかじめご了承ください。

第5回SOARSワークショップ申し込みページへ
(http://soars-ws005.peatix.com)

ワークショップ詳細

主催

  • 東京工業大学 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 出口研究室
  • 株式会社パイケーク
  • SOARS Project

日時・場所

  • 日時:平成27年 9月19日(土)〜21日(月)
  • 場所:東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール3階・ラウンジ J2棟 1601室(会場が変わりました)
  • 住所:〒226-8502 神奈川県横浜市緑区長津田町4259

内容

社会しミュレーション言語SOARS(Spot Oriented Agent Role Simulator)の基本概念の説明、 および基本から応用までの使用方法の学習、 モデル設計および構築の実習の3項目についてワークショップ内で扱います。 3日間の日程を通して、SOARSを使ってモデルが構築できるようになるまでの一通りの内容を学習してもらいます。 SOARSを利用してモデルは3つ構築していただく予定です。1つ目のモデルでは、SOARSの操作法、思考もあわせて学習しますので、講師とともに順を追ってモデルを構築します。2つ目のモデルは、1つ目のモデルで学習した内容を用いて、多少参加者が構築する内容が増えます。そして3つ目のモデルは、課題が与えられますので、課題を1つ1つクリアする形でSOARSのスキルアップを計っていただきます。基礎→応用→発展の3段階を経ることで、SOARSを使った社会シミュレーションモデルが自由に構築できることを目指します。最後は、SOARSワークショップで身につけた技術を用いて、モデルの対象となる社会現象を自分で定義し、モデルを構築、シミュレーション結果を発表していただく予定です。

参加費

講習費無料、教材費無料

スケジュール

第1日目

  • 9:30〜10:00 受付
  • 10:00-12:00 講義「SOARSと社会シミュレーション」:出口教授
  • 12:00〜13:00 昼休み(お昼は事前にご用意ください。大学内の食堂・購買は休日のため利用できません。)
  • 13:00〜14:30 SOARSを使ったモデリング1(家族モデル):市川講師
  • 14:45〜16:15 SOARSを使ったモデリング2(家族モデル):市川講師
  • 16:30〜18:00 SOARSを使ったモデリング3(家族モデル):市川講師
  • 18:00〜:意見交換会(実費)

第2日目

  • 9:30〜10:00 受付
  • 10:00〜12:00 講義「SOARSとRWOS」
  • 12:00〜13:00 昼休み(お昼は事前にご用意ください。大学内の食堂・購買は休日のため利用できません。)
  • 13:00〜14:30 SOARSを使ったモデリング4(囚人のジレンマ):市川講師
  • 14:45〜16:15 SOARSを使ったモデリング5(情報伝播):市川講師
  • 16:30〜 グループワーク開始

第3日目

  • 9:30〜10:00 受付
  • 10:00〜12:00 グループワーク
  • 12:00〜14:00 グループワーク発表会(お昼は事前にご用意ください。大学内の食堂・購買は休日のため利用できません。)
  • 14:00〜15:00 講義「社会シミュレーションの今後の展望」:出口教授
  • 15:00〜クロージング(15時15分終了予定)

問い合わせ先

第5回SOARSワークショップ申込にあたって、質問などありましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。 お問い合わせ先:workshop[at]soars.jp (件名は必ず「第5回SOARSワークショップについて」でお願いします。)

第5回SOARSワークショップ申し込みページへ
(http://soars-ws005.peatix.com)

備考

SOARSワークショップでは、パソコンを利用します。参加される方は、ご自身でパソコンのご用意をお願いします。 OSは、Windows、MacOS、Linuxどれでも構いません。どうしても、準備が出来ないという方は、申込時に、パソコンの貸し出し希望にチェックを入れてください。こちらでパソコンの貸し出しを行います。なお、数に限り(5台)がありますので、貸し出しの方は先着順とさせていただきます。また、貸し出し用のパソコンは発売からかなりの時間が経過しています。処理などのもたつきが発生する場合もありますので、ノートパソコンをご用意されることをおすすめします。なお、参加するにあたり、バックグラウンドの知識やプログラミングの経験は問いません。 PCの基本的な利用技術(ファイルの保存方法やマウスの使い方)とPCの用語の理解のみ必要となります。

推奨ノートPC

  • Windows 7, 8: CPUはCore2Duo, Core i3, i5, i7であれば問題ありません。メモリは2GB以上を目安としてください。
  • Mac OS 10.8以降
  • Linux: Ubuntu12.04での動作は確認しております。
  • OSに関係なくJava(1.7以降)が必要になります。当日、受付時にJavaのインストールのお手伝いはできます。